○介護保険制度での福祉用具サービスを利用するには

福祉用具をご利用になる場合は、都道府県の指定を受けた福祉用具貸与事業所の福祉用具専門相談員もしくはケアマネージャーにご相談ください。


要介護認定を受けた方は、年間10万円を上限として自己負担1割でご購入いただけます。(一部、2割負担となる方もいます)


要支援・要介護度に応じた支給限度額の範囲内で、利用料の1割が自己負担となります。(一部、2割負担となる方もいます)


屋外アプローチ施工事例

玄関アプローチ・上がり框施工事例

廊下・階段施工事例

浴室施工事例

トイレ施工事例

要介護認定を受けた方は、20万円を上限として自己負担1割で工事できます(要支援、要介護区分にかかわらず定額)。(一部、2割負担となる方もいます)

・手すりの取り付け

・段差の解消

・滑りの防止、移動の円滑化等のための床材の変更

・引き戸等への扉の取り替え

・洋式便器等への便器の取り替え

・その他これらの工事に付随して必要な工事


介護保険利用希望者の認定調査、ケアプランの作成等を行なっています。